変更履歴

 

v4.0.1 | 17 11月2022

  • スクリーン キャプチャ: 記録開始時にスクリーンショットが撮れない問題を修正 (v4.0.0)
  • スクリーン キャプチャ: Remcos コントローラが完全に起動する前にスクリーン キャプチャを開始する際のエラーを修正 (v4.0.0)
  • コントロール センター: 誤ったウィンドウ サイズを修正 (v4.0.0)
  • 不正使用検出エラーを修正 (v4.0.0)
  • エージェント: 可視モードでの GUI の改善

レムコスエージェント

v4.0.0 | 16 11月2022

レムコス v4.0 多くの接続を処理するときのパフォーマンスが向上します。
などの新しい生活の質の向上を備えています。 IP/ポートチェッカー,
が待 インターネット品質チェッカーツールバー,
既存の機能のさまざまな改善だけでなく、

⚪️ 新しい IP とポート接続をテストできるようになりました IP/ポートチェッカー ツール。
IP が正しく、ポートが開いて転送されているかどうかを簡単にテストできます。

⚪️ ポートチェッカー ポートがインターネットから到達可能かどうかをテストします。

⚪️新作で ツールバー システムをより効率的に管理するための便利なツールやショートカットが多数あります。

⚪️ 新しい インターネット品質チェッカー ツールはインターネット接続の品質を常に監視し、それに応じて異なるアイコンを表示します。

⚪️ この新しいアップデートには、多くのパフォーマンスの改善、RAM 消費量の削減、生成されるスレッド数の削減も含まれています。
⚪️さまざまなエラーが修正されました。

完全な変更ログ:

  • [+] コントローラー: 追加 ツールバー 便利な機能へのショートカット ボタンを備えた [接続] タブ
  • [+] コントローラー: 追加 インターネット品質チェッカー ツール.
    このツールは、インターネット接続の品質を常に監視し、その状態に応じてアイコンを変更します。
  • [+] エージェント ビルダー: 追加 IP/ポート チェッカー ツール IP/ポート接続が機能しているかどうかを簡単に確認するには
  • [+] ローカル設定: 追加 ポート チェッカー ツール リッスンしているポートがインターネットから到達可能かどうかを簡単に確認する
  • [+] プレビュー パネル: プレビュー パネルを閉じるボタンを追加しました。
  • [+] イベント ログ: 便利な機能へのショートカット ボタンを備えたツールバーを追加
  • [*] コントローラー: パフォーマンスの最適化、
    特に、同時に多くの接続 (数百) を処理する場合。
    よりスムーズな操作、
    RAM の使用量が減少し、生成されるスレッドの数が減少しました。
  • [*] KeepAlive システムの最適化: RAM の使用量と生成されるスレッドの数を削減しました。
  • [*] スクリーン キャプチャ: スクリーンショットを保存するときの Remcos コントローラのメモリ リークを修正しました。メモリ不足になるまで、スクリーンショットを撮るたびに数メガバイトの RAM 使用量が増加します。
  • [*] スクリーン キャプチャ: より高い FPS のためのパフォーマンス調整
  • [+] カメラ: カメラ キャプチャ内からオーディオ キャプチャを開始できるようになりました
  • [*] カメラ: GUI の改善
  • [*] カメラ: より高い FPS のためのパフォーマンス調整
  • [*] オーディオ キャプチャ: フォームを開くと自動的に開始するようになりました
  • [*] GeoLocation: ジオロケーションが改善され、エラー処理が改善されました。 プライマリとバックアップの両方の位置情報チェックが失敗した場合、システム ロケールがフォールバックとして使用されるようになりました
  • [*] エージェントの安定性: アクティブなウィンドウのタイトルが 256 文字より長い場合のバッファ オーバーフロー エラーを修正しました。
  • [*] ローカル ファイルからのエージェント アップデーター: 接続プロトコルが改善され、低速接続でのリモート エージェントの切断/再接続が修正されました。
  • [*] GUI: 接続リストの Uptime と IdleTime のフォーマットを改善
  • [*] エージェントの検索: エージェントが見つかると、Remcos がリスト項目にスクロールするようになりました。
  • [*] エージェントのインストール: インストール プロセスが改善されました。これには、同じシステムにインストールされた複数の Remcos エージェントの互換性の改善が含まれます。
  • [*] その他のマイナーな改善と修正

v3.8.0 | 21 8月2022

  • [+] Cookie 回復機能を追加
  • [+] Cookie 回復 AutoTask を追加
  • [+] キーボード ショートカット ボタンが左パネルのボタンのヒントに表示されるようになりました
  • [*] AutoTasks: 「最初の接続でのみ実行」が有効になっている場合に自動タスクが実行されないことがある問題を修正しました。
  • [*] レジストリ エディター: ソケットの初期化前にフォームを閉じるときのアクセス違反エラーを修正

v3.7.1 | 16 8月2022

  • [*] エージェントを切断し、「オフライン エージェントを表示」オプションを有効にすると、アクセス違反エラーが発生する問題を修正しました。
  • [*] エージェント: マイナーなパフォーマンスの改善

v3.7.0 | 10 8月2022

この Remcos の更新により、新しい機能が追加されます (検索、ハイライト)
特に多数のマシンを一緒に管理する場合に、リモート システムをより迅速かつ簡単に管理できます。
右パネルの機能ボタンがカスタマイズ可能になりました。
お気に入りの機能や最もよく使用する機能をボタンに設定して、より迅速にアクセスできるようにすることができます。
カメラ プラグインのサイズが最適化され、読み込みが速くなりました。
Remcos コントローラーのサイズが 2 MB 縮小されました。
その他の最適化も行われました。

  • [+] 機能のショートカット ボタン (右側のパネル) を好みの機能でカスタマイズできるようになりました。
    お気に入りの機能をこれまで以上に簡単かつ迅速に開くことができるようになりました。
    Local Settings -> Preferences でショートカット ボタンをカスタマイズできます。
  • [+] 「ハイライト接続」機能を追加。 この機能は、多数の接続がある場合に特定のエージェントをすばやくマークして検索するのに役立ちます。
  • [+] 「接続の検索」機能が追加されました。 コンピューター/ユーザー、IP、割り当てられた名前、OS、アクティブ ウィンドウ、場所などでエージェントを検索します。
    多くのシステムを管理する場合に非常に便利です。
    Ctrl + F を入力して (またはメニュー機能をクリックして)、検索バーを開きます。
    前/次を検索するには、F2/F3 を使用します。
  • [+] AutoTasks (ダウンローダー): ProgramData ディレクトリ オプションを追加
  • [*] 接続の安定性の向上: エージェントがまだタイムアウトに達していなくても、ping タイムアウトで切断されることがある問題を修正しました
  • [*] カメラ キャプチャ: プラグインの読み込みを高速化
  • [*] カメラ: GUI の改善
  • [*] GUI: カスタム テーマのタブ アイコンの外観を改善
  • [*] 右パネル: 別の接続を選択する際のちらつきを削除
  • [*] Remcos コントローラ起動時の「範囲チェックエラー」を解決しました。
  • [*] Remcos コントローラーのファイル サイズが減少しました (28 MB から 26 MB に)

v3.6.1 | 31 7月2022

この Remcos Update は、多くのエラーを修正し、既存の機能をアップグレードする安定性重視のリリースです。

⚙️ Windows Server、VPS、および RDP での安定性が向上し、多くの問題が解決されました。
💉 インジェクションがバージョンアップしました。
🦮 ウォッチドッグがアップグレードされました。
🔑 パスワード回復が改善されました。

以下の完全な変更ログをお読みください。

  • [*] 射出技術のアップグレード
  • [*] プロセス ウォッチドッグがアップグレードされました
  • [*] ファイル ウォッチドッグがアップグレードされました
  • [*] ウォッチドッグ: ウォッチドッグは、同じシステムでウォッチドッグが有効になっている複数のエージェントをサポートするようになりました
  • [*] ウォッチドッグ: ウォッチドッグが有効になっている複数のエージェントが同じシステムにインストールされている場合、ループ内のウォッチドッグの再生成プロセスが修正されました
  • [+] パスワード リカバリ: 右クリック メニューに「クリップボードにコピー」機能を追加
  • [+] パスワード回復: 回復されたパスワードの数を表示するステータスバーを追加
  • [+] パスワード リカバリ: 各マシンからリカバリされたパスワードの数を追加
  • [*] パスワード回復: パスワードを回復できないことがある問題を修正
  • [*] パスワードの復元: [パスワードの復元] ボタンをクリックしても、以前に復元されたパスワードが消去されなくなりました
  • [+] イベント ログ: ソケット イベントを表示するオプションを追加
  • [+] ローカル設定: フォント サイズを変更するオプションを追加
  • [*] 安定性: リッスン ポートが保存されない問題を修正しました。 Remcos コントローラを開いた状態で RDP 経由で Wi​​ndows Server にログインした場合、または表示設定を変更した場合に発生するエラーです。
  • [*] 安定性: Remcos コントローラを開いた状態で、表示設定を変更したり、RDP 経由で Wi​​ndows Server にログインしたりする際のさまざまなエラーを修正しました。
  • [*] Proxy: プロキシ操作時に Remcos Controller がフリーズする問題を修正。 RDP へのログインまたは表示変更によるエラー。
  • [*] イベント ログ: Remcos コントローラーを開いた状態で表示設定を変更したり、RDP にログインしたりすると、イベントが誤った位置に保存される問題を修正しました。
  • [*] Agent Builder: 起動方法が有効になっている場合に発生する「ビルド エラー: 起動方法が指定されていません」が発生する問題を修正
  • [*] AutoTasks: 「最初の接続時のみ」オプションが Remcos_settings.ini に保存されるようになりました
  • [*] ローカル設定: 再起動後にフォントが保存されない問題を修正 (v3.6.0 で導入されたバグ)
  • [*] スクリーン キャプチャ: [Take Single Screenshot] ボタンが機能しない問題を修正 (v3.6.0 で導入されたバグ)
  • [*] スクリーン キャプチャ: スクリーンショットが JPG ではなく大きな BMP 形式で保存される問題を修正 (v3.6.0 で導入されたバグ)

v3.6.0 | 14 7月2022

この Remcos Update は、多くの機能を改善し、より便利な機能を追加し、
およびさまざまなエラーを修正します。

追加された新しい機能の XNUMX つは、ファイル マネージャーの Zip 機能です。
Zip 機能は、ファイル転送のパフォーマンスと速度を向上させるのに非常に役立ちます。
大きなフォルダー/ファイルの転送を高速化するために、「Zip + ダウンロード"ボタンをクリックします。
この機能を使用すると、ワンクリックでファイルやフォルダーを便利に圧縮してダウンロードできます。
通常の方法でフォルダーをダウンロードする場合と比較して、Zip + ダウンロードは、より少ない帯域幅を使用しながら転送速度を向上させます。

それがすべてではありません!
この更新により、さまざまな方法でスクリーン キャプチャが改善されます。
まずはご紹介 DPI スケーリングが有効になっているモニターのスクリーン キャプチャを完全にサポートします。
このアップデートでは、マルチスクリーン セットアップのサポートも改善され、さまざまなエラーが修正されています。
当社独自の M-JPEG コーデックは、より優れた ScreenCapture パフォーマンスを提供するためにいくつかの最適化を受けています。

上記に加えて、v3.6 アップデートでは、他の多くの機能が改善され、さまざまなエラーが修正されます。
以下の完全な変更ログを読むことができます。

  • [+] ファイル マネージャー: zip 機能を追加
  • [+] ファイル マネージャー: 解凍機能を追加
  • [+] ファイル マネージャー: 追加された Zip + ダウンロード機能
  • [+] ファイル マネージャー: 追加された Zip + ダウンロードの再帰機能
  • [*] File Manager: ハード切断後にフォームを閉じることができなくなるエラーを修正しました。
  • [*] 画面キャプチャ: 一部のシステムで画面全体が表示されない問題を修正しました。 スケーリングが 100% に設定されていないディスプレイで問題が発生していた
  • [*] スクリーン キャプチャ: DPI スケーリングが 100% に設定されていないディスプレイでのマウス入力の間違った座標を修正しました
  • [*] スクリーン キャプチャ: 一部のマルチスクリーン システムでのマウス入力の間違った座標を修正しました (スクリーン座標が負の場合)。
  • [*] スクリーン キャプチャ: ビデオ プレビュー パネルが有効な場合、マルチスクリーン システムでのマウス入力の間違った座標を修正しました
  • [*] スクリーン キャプチャ: ハード切断後にフォームを閉じることができなくなるエラーを修正しました。
  • [*] Screen Logger: 画像圧縮が PNG から JPG に変更され、転送速度が向上し、ディスク容量と帯域幅が節約されました
  • [*] Screen Logger: スクリーンショットが撮られていない場合のエラー処理の改善
  • [*] Screen Logger: スクリーンショットがまだ撮られていない場合にメッセージが表示されるようになりました
  • [*] スクリーン ロガー: スクリーンショットの暗号化のパフォーマンスが向上しました (現在、暗号化は完全にメモリ内で行われます – ディスク操作は不要です) ディスクからのファイルの読み込みと削除はありません
  • [*] Screen Logger: スクリーンショット リストのちらつきを修正
  • [+] 自動タスク: Remcos コントローラーの終了/再起動時に、自動タスク リストが自動的に保存およびロードされるようになりました
  • [+] 自動タスク: Remcos コントローラの起動時に自動タスクを自動的に有効にするオプションを追加
  • [+] 自動タスク: アクティビティ通知の自動タスクが追加されました。
  • [+] アクティビティ通知: 設定が保存され、Remcos の再起動後も保持されるようになりました。
  • [+] Agent Builder: インストールおよびその他の機能に ProgramData ディレクトリ オプションを追加
  • [*] Agent Builder: Builder プロファイル リストのサイズを変更できるようになりました
  • [+] ダウンローダ: ダウンロード フォルダ オプションに「ProgramData」ディレクトリを追加
  • [*] ダウンローダー: ファイル名が自動的に更新されるようになりましたが、必要に応じて手動で編集することも可能です。
  • [*] ダウンローダ: GUI のサイズ変更のマイナーな改善
  • [+] Agent Updater: フォルダ オプションに「ProgramData」ディレクトリを追加
  • [*] Windows 11 システムとして検出される Windows 10 システムを修正
  • [*] Control Center: ハード切断時のエラーを修正
  • [*] キーロガー: ハード切断時のエラーを修正
  • [*] Cam Capture: ホストの切断後にフォームを閉じる際のエラーを修正
  • [*] GUI: 複数のホストで関数を同時に開くと、複数のフォームが自動的に配置され、ユーザー エクスペリエンスが向上します。
  • [*] GUI: メニューでグレー表示された項目の外観を改善
  • [*] GUI: Win11 でのメニューの外観の改善
  • [*] TLS: TLS フォルダー/ファイルを削除して Remcos コントローラーを再起動する際のエラーを修正
  • [*] Remcos Controller: の最新バージョンでコンパイルされました。 Delphi コンパイラ。

[!] 上記の改善により、Remcos Agent を更新して ScreenCapture およびその他の機能を使用する必要があります。

v3.5.1 | 20 5月2022

この更新により、ビルダー インターフェイスが改善されます。 また、ファイル マネージャーの微調整と、さまざまなエラーの修正も含まれています。

  • [*] ファイル マネージャー: フォルダーのダウンロードに関する変更:
    フォルダーの「ダウンロード」機能は、すべてのサブフォルダーとその内容もダウンロードするようになりました (以前の再帰的なダウンロードと同じです)。
    「Download Recursive」は、ダウンロードしたフォルダーの上に完全なディレクトリ ツリーを作成します。
  • [*] ビルダー: GUI のマイナーな改善
  • [*] Builder: エラー処理の改善
  • [*] Builder: ビルド エラーで表示される間違ったファイル サイズを修正
  • [*] ビルダー: 使用されたパッカー オプションがビルダー プロファイルに保存されるようになりました
  • [*] ビルダー: 「パッカー出力」パネルが必要な場合にのみ表示されるようになりました。
    したがって、ビルダーの出力ビュー用により多くのスペースが残されます
  • [*] レジストリ エディター: ソケットがまだ初期化されていないときにレジストリ値をクリックすると、アクセス違反エラーが発生する問題を修正しました
  • [*] その他のマイナーな GUI の改善
  • [*] 無料版: 接続制限を超えた場合のアクセス違反エラーを修正

v3.5.0 | 04 5月2022

Remcos v3.5 はメジャー アップデートであり、新しい便利な機能が追加され、ユーザー エクスペリエンスが大幅に向上します。
多くの既存のものの最適化と同様に。
安定性が向上し、多数のエラーが修正されました。

Remcos v3.5 更新ニュース

  • [+] 新機能: ホスト プレビュー パネルが追加されました。
    ホスト プレビュー パネルは、選択したリモート マシンの包括的な概要を即座に提供し、最もよく使用されるリモート管理機能にすばやくアクセスします。
    プレビュー パネルには、リモート ホストの有用なリアルタイム情報が表示されます。
    – ライブ ビデオ フィード
    – CPU、RAM 使用量
    – アイドル時間とシステム稼働時間
    – コンピューターとユーザー名
    – オペレーティングシステム
    –レイテンシー
    – アクティブ ウィンドウ
    ライブ ビデオ フィードをクリックすると、本格的なスクリーン キャプチャを開くことができます。
    画面の下には、最も広く使用されているリモート管理機能 (ファイル マネージャー、リモート シェルなど) へのショートカット ボタンがあります。
    プレビュー パネルのない古いインターフェイスを好む場合は、[ローカル設定] -> [設定] で [プレビュー パネルを表示] を無効にすることで設定できます。

他にも多くの改善が導入されました。

  • [+] ローカル設定: プレビュー パネルのオン/オフを切り替えるオプションを追加
  • [+] GUI: XNUMX つまたは複数の接続されたホストを選択すると、選択したホストの名前または合計数がステータスバーに表示されます。
  • [*] GUI: 短時間に多数のイベントを表示する際のステータスバーのちらつきを削除
  • [*] スクリーン キャプチャ: 最適化された画像解凍により、よりスムーズで高速なスクリーン キャプチャ
  • [*] スクリーン キャプチャ: ソケットがまだ初期化されていないときにマウスまたはキーボード入力を送信する際のアクセス違反エラーを修正しました。
  • [*] スクリーン キャプチャ: スクリーン キャプチャ フォームを閉じるときのアクセス違反エラーを修正
  • [*] IP ローカリゼーション: パブリック IP を介して LAN 接続の地理位置を特定できるようになりました。
  • [*] IP ローカリゼーション: 短時間に多数の接続が確立されたときにローカリゼーションを取得できないエラーを修正
  • [*] ダウンローダー: 専用スレッドを使用して、多数のコンピューターで同時にダウンローダー機能を使用する場合のパフォーマンスを大幅に向上させます。
  • [*] ダウンローダー: 複数のホストでローカル ファイルからダウンロードを使用する場合のパフォーマンスの最適化
  • [*] ダウンローダ: 多数のコンピュータを選択したときのちらつきを削除
  • [*] ダウンローダー: フォームのサイズを変更できるようになりました
  • [*] リバース プロキシ: リバース プロキシを閉じた後のアクセス違反エラーを修正しました (既に解放されたスレッド インスタンスへのポインターへのアクセス)。
  • [*] リバース プロキシ: リバース プロキシのメモリ リークを修正 (PROXY_CONFIG およびスレッド オブジェクトが解放されない)
  • [*] パスワード回復: 切断されたホストでパスワード回復を実行する際のアクセス違反を修正
  • [*] Password Recovery: ちらつきのないスムーズなリストビューのスクロール (DoubleBuffering)
  • [*] カメラ キャプチャ: 機能を開いた後、キャプチャが自動的に開始されるようになりました ([開始] ボタンをクリックする必要はありません)。
  • [*] カメラ キャプチャ: フォーム サイズの制約を修正
  • [*] Camera Capture: CamCapture フォームを閉じる際のアクセス違反エラーを修正
  • [*] コントロール センター: アクティブな Windows がリアルタイムで更新されるようになりました
  • [*] Remcos Updater: Windows Server プラットフォームで Remcos アップデート zip をダウンロードできない問題を修正
  • [!] 上記の改善により、古い Remcos エージェントは v3.5.0 と互換性がありません。
    画面キャプチャやその他の機能を使用するには、古い Remcos エージェントを v3.5.0 に更新する必要があります。

v3.4.1 | | 01年2022月XNUMX日

  • [*] Proxy: 一部の Web サイトにアクセスしたときに Remcos Agent がクラッシュする原因となったアクセス違反エラーを修正しました
  • [*] Proxy: プロキシ認証に関するアクセス違反エラーを修正
  • [*] プロキシ: Remcos エージェントのクラッシュを引き起こす可能性があるバッファ スタック オーバーフロー エラーを修正
  • [+] 追加 Telegram ボタンについてタブ
  • [*] GUI のマイナーな改善

v3.4.0 | | 10年2022月XNUMX日

この Remcos の更新では、新しい、より堅牢なファイル マネージャーが特徴です。
ワンクリックで、サブディレクトリも含めてフォルダ全体をダウンロードできるようになりました。
全体的なファイル マネージャーのエクスペリエンスは、おかげで改善されました。
さまざまな GUI の更新、新機能、およびエラーの修正。
ファイル ダウンロード プロトコルが最適化され、より高速になりました。

新しいファイル マネージャーは、古いエージェントでは動作しません。
それらを更新してください。

完全な変更ログ:

  • [+] ファイル マネージャー: ダウンロード フォルダー機能が追加されました。 フォルダを選択して完全にダウンロードできるようになりました。
    「ダウンロード」機能は、フォルダ内のすべてのファイルをダウンロードしますが、サブディレクトリでは反復しません。
    「Download Recursive」機能は、すべてのサブディレクトリとそのファイルもダウンロードします。
    注: 以前の Remcos バージョンでは、フォルダ内のすべてのファイルを選択することで、すべてのファイルをダウンロードできました。
    しかし、この新しいオプションはより便利で、フォルダとサブフォルダを 1 回のクリックで簡単にダウンロードできます。
  • [+] ファイル マネージャ: 「すべての転送を停止」メニュー機能を追加
  • [+] ファイル マネージャ: ファイル転送メニューに「完了した転送をクリアする」機能を追加
  • [+] ファイル マネージャー: 「ローカル ダウンロード フォルダーの削除」メニュー機能を追加
  • [+] ファイル マネージャ: 役立つ情報を表示するステータスバーを追加
  • [+] ファイル マネージャ: 転送の合計数が「ファイル転送」タブに表示されるようになりました。
  • [*] ファイル マネージャー: ディレクトリで Enter キーを押すと、そのディレクトリに入ることができるようになりました (ダブルクリックと同じ)。
  • [*] File Manager: ディレクトリのロード中にディレクトリを変更できるようになりました
  • [*] ファイル マネージャー: 膨大な数のファイルを含むフォルダーの処理が改善されました
  • [*] File Manager: 最適化されたダウンロード プロトコル: 各パケットで送信されるデータが少なくなり、ダウンロードが速くなります
  • [*] File Manager: ディレクトリを手動で編集した後のファイル管理に関するエラーを修正
  • [*] コントロール センター: GUI のマイナーな改善
  • [*] 生活の質: 接続リスト内の接続されたエージェントで Enter キーを押すと、お気に入りの機能が開きます (ダブルクリックと同じ)。
  • [*] Agent Builder: Builder プロファイル リストで空の選択をダブルクリックしたときのアクセス違反エラーを修正しました
  • [*] エージェント: さまざまなコードの最適化

v3.3.2 | | 20年2021月XNUMX日

  • [+] キーロガー: キーログで実際のスペース文字の代わりに [SpaceBar] タグを表示するオプションが追加されました。
    このオプションは、キーロガー フォームの [設定] (歯車) ボタンをクリックすると表示されます。
    このオプションは、オンザフライでオン/オフを切り替えることができます。
    オプションを切り替えるたびに、ログは自動的かつ便利にオンザフライで変換されます。
    これは、オプションを変更するたびにエージェントを再構築したり、キーロガーの構成を変更したりする必要がないことを意味します。
  • [*] キーロガー: GUI のマイナーな改善。
  • [*] Update Agent 機能: ユーザー インターフェイスのマイナーな改善。
  • [*] Update Agent 機能: InfoButton の説明を改善しました。
  • [*] ダウンローダ: マイナーな修正。
  • [*] 接続: 接続プロトコルのマイナーな修正。

v3.3.1 | | 18年2021月XNUMX日

  • [*] Windows 11 互換性修正
  • [*] 接続: マイナーな接続の最適化
  • [*] ScreenCapture: GUI の改善
  • [+] MessageBox: ユーザーが MessageBox ボタンをクリックすると、ユーザーの返信が Controller に送信されるようになりました
  • [*] アクティビティ通知: 応答性が向上しました。 監視対象のアクションが発生してから 1 秒以内に通知またはアラームがトリガーされるようになりました。
  • [*] アクティビティ通知: 切断されたエージェントで通知を無効にするときのアクセス違反エラーを修正しました
  • [*] アクティビティ通知: 切断のリモート アラームを設定する際の範囲チェック エラーを修正
  • [*] AutoTasks: GUI の改善と修正

v3.3.0 | | 02年2021月XNUMX日

Remcos v3.3.0 は、接続の安定性が向上したアップデートです。
さまざまなエラーの解決、
そして生活の質の向上。

接続プロトコルを非常に堅牢にするために、接続プロトコルのテストと改善に多くの作業が行われました。

  • [*] 接続: 多くの接続の処理の改善
  • [*] 接続: 安定性とパフォーマンスを向上させるためにマルチスレッド化を改善
  • [*] KeepAlive: より堅牢で安定した接続のために改善された KeepAlive システム。
  • [*] KeepAlive: パフォーマンスが向上し、リソースの使用量が少なくなるように改善されました
  • [*] 接続の安定性: 切断時にエージェントがクラッシュする可能性がある TLS エラーを修正しました
  • [*] 接続の安定性: エージェントが再接続しない可能性がある TLS エラーを修正しました
  • [*] TLS 接続: より優れたマルチスレッドにより、エージェントはコントローラーにすばやく再接続します
  • [*] TLS: Controller: 一度に多数のポートを開く際の非スレッドセーフ初期化エラーを修正
  • [*] 安定性を向上させるための接続プロトコルの調整
  • [+] Agent Builder -> Connection および Local Settings -> Connection に、パブリック IP アドレスを表示する機能が追加されました。
    外部サービスに依存することなく、パブリック IP を簡単かつ迅速に確認できるようになりました。
    必要に応じて、このオプションを [ローカル設定] -> [設定] で [自動] に設定できます。
  • [*] イベント ログ: 詳細オプションが設定されている場合、より詳細なイベントが表示されます。
    接続に関する各種イベントを追加
  • [+] イベント ログ: AutoScroll オプションを追加
  • [*] イベント ログ: 列の位置を再配置できるようになりました
  • [*] イベント ログの改善された GUI と情報 (列の順序、TLS 初期化通知の追加、開始/停止ポート アイコンの変更、ソケット通知の追加)
  • [*] エージェント: 可視モードでの GUI を改善しました。 より便利なイベントが表示されるようになりました
  • [*] プロキシ: 情報ボタンの説明を改善
  • [*] Agent Builder: 情報ログの GUI のマイナーな改善
  • [*] Control Center: エージェント切断時のアクセス違反エラーを修正
  • [*] コントロール センター: GUI のマイナーな改善
  • [*] クリップボード マネージャー: アクセス違反エラーを修正 (クリップボード データが空の場合)
  • [*] GUI: ポートが追加されたときに表示される「ポートがリッスンしていない」という誤ったアイコンを修正しましたが、それらはすべてクローズに設定されています。
  • [*] GUI: ローカル設定セクションの改善
  • [*] GUI: 複数のエージェントを選択し、その一部がオフラインの場合でも、機能メニューを使用できるようになりました (メニューはグレー表示されなくなりました)
  • [*] ユーザーは ping に無効な値を入力できなくなりました
  • [-] 「ホスト接続での ping」オプションを削除しました。 現在、デフォルトでオンに設定されています。 これをオフにするオプションがあるのはかなり役に立たないようです。
  • [*] 安定性: スレッド セーフ: 地理位置情報の実行中にソケットが切断されたときに発生する、GeoLocalization スレッドでのコントローラー アクセス違反エラーを修正しました。
  • [*] 安定性: Remcos コントローラーのさまざまなアクセス違反エラーを修正しました。 切断されたホストでの select コマンドに関連するエラー
  • [*] GeoLocalization スレッド: リークを修正: 使用後にハンドルが閉じられるようになりました

v3.2.1 | | 09年2021月XNUMX日

  • [*] Remote CommandLine: コマンドの送信と出力の受信を妨げてコマンドラインが停止するエラーを修正
  • [*] コントロール センター: Remcos エージェントが別のアドレスを使用して再接続すると、「ローカル接続アドレス」フィールドが更新されるようになりました
  • [*] GUI のマイナー修正

v3.2.0 | | 30年2021月XNUMX日

  • [+] DLL エージェントをビルドするオプションを追加
  • [+] シェルコード エージェントをビルドするオプションを追加
  • [+] Agent Builder: ビルド エラーで、エラーのより詳細な説明が表示されるようになりました。
  • [*] Agent Builder: Remcos コントローラーを開いたままにしておくと、「Build Failed」エラーが発生する問題を修正
  • [*] Agent Builder: GUI の改善
  • [*] Agent Builder: 同梱の UPX パッカーを最新バージョン (v3.96) にアップロード
  • [*] Dll ローダー: 微調整と修正
  • [*] CamCapture: プラグイン圧縮の変更
  • [+] コントロール センター: エージェント タイプ (EXE、DLL、またはシェルコード) を表示するようになりました
  • [*] その他のマイナーな改善と修正

v3.1.5 | 18年2021月XNUMX日

  • [+] Agent Builder: Builder の出力フォルダをすばやく開くためのボタンが追加されました
  • [*] AutoTasks: Keylogs Download 関数がログを収集しない問題を修正
  • [*] AutoTask: アンインストール AutoTask は、他のすべてのタスクが完了するのを待ってからアンインストールするようになりました
  • [*] AutoTasks: イベント ビューアーのイベントの改善
  • [*] AutoTasks: その他のマイナーな機能修正と GUI の改善
  • [*] ScreenCapture: ScreenCapture がまだ初期化されているときにフォームを閉じるときのアクセス違反エラーを修正しました
  • [*] パスワード回復: パスワードが時々回復されない問題を修正
  • [*] インジェクション: マイナーな修正と改善
  • [*] 情報メッセージのいくつかのタイプミスを修正
  • [*] その他のマイナーな改善と修正

v3.1.4 | | 06年2021月XNUMX日

  • [*] キーロガー: フォーマットの改善

v3.1.3 | | 01年2021月XNUMX日

  • [+] キーロガー: Unicode サポートが追加されました。 現在、キーロガーは、ヨーロッパのレイアウト、ロシア語、アラビア語、ヒンディー語など、世界中のほぼすべての言語とキーボード レイアウトをサポートしています。
  • [+] キーロガー: Alt、Ins、Win、および Menu キーのログを追加しました
  • [+] キーロガー: オフライン ログとオンライン ログの両方を検索できるようになりました
  • [+] キーロガー: オンライン キーロガー用の [ログを保存] ボタンを追加
  • [+] キーロガー: オンライン キーロガーの [ログをクリア] ボタンを追加
  • [+] キーロガー: ズーム ボタンを追加
  • [+] キーロガー: 使用されたフィルター キーワードが表示されるようになりました (キーロガーが「ウィンドウ フィルター」モードに設定されている場合)
  • [+] KeyLogger: フィルタ キーワードの Unicode サポートを追加
  • [*] キーロガー: Windows Server 2003 でキーストロークを取得できないキーロガーを修正
  • [*] キーロガー: [オフライン ログを取得] を複数回クリックすると更新されたログが取得されない問題を修正
  • [*] キーロガー: 多くの GUI の改善
  • [*] キーロガー: ログ ファイルが UTF-16 形式で保存されるようになりました
  • [*] キーロガー: その他の改善、最適化、および修正
  • [+] ScreenLogger: フィルタ キーワードの Unicode サポートを追加
  • [*] ScreenLogger: Remcos エージェントのメモリ リークを修正: プライベート ワーキング セットのバイト数が増加し、各スクリーンショットの後に解放されない
  • [+] クリップボード マネージャー: Unicode サポートを追加 (すべての言語 + 特殊文字)
  • [*] 接続: まれにエージェントをクラッシュさせる TLS エラーを修正
  • [*] 接続: TLS のマイナーな最適化
  • [*] CommandLine: 閉じて再度開くと、リモート コマンド ライン機能が動作しない問題を修正 (v3.0.0 で導入されたバグ)
  • [*] コントロール センター: リモート システム情報がまだ取得されていないときに、コントロール センター フォームを閉じずに Remcos コントローラーを閉じると、エージェントがクラッシュする問題を修正しました。
  • [*] Agent Builder: GUI のマイナーな改善
  • [!] 上記の改善により、Keylogger、ScreenLogger、Clipboard Manager は古いバージョンのエージェントでは動作しません

v3.1.2 | | 02年2021月XNUMX日

  • [+] ダウンローダー: インターフェイスが改善され、接続されたマシンと各コンピューターのダウンロード ステータス (ダウンロード中/成功/エラー) が表示されるようになりました
  • [*] ダウンローダー: その他のさまざまな改善、最適化、および修正
  • [*] AutoTasks: Downloader: イベント ログにダウンロード ステータス (成功/エラー) が表示されるようになりました
  • [*] AutoTasks: 表示されるイベントの改善
  • [*] 接続: いくつかのシステムで発生する、Remcos コントローラーの起動時に「TLS.dll を読み込めません」というエラーが修正されました
  • [*] 接続: クロックに問題がある一部のシステムのエージェントで TLS 検証が失敗する問題を修正
  • [*] ブラックリスト: 情報ボタンの情報の改善

KeyGen v4.2.0 の更新が含まれています。

  • [+] 自動即時ライセンスアクティベーション

v3.1.1 | | 22年2021月XNUMX日

  • [*] オーディオ キャプチャ: v3 でリモート オーディオをキャプチャできない問題を解決
  • [*] DLL ローダー: GUI のマイナーな修正と改善
  • [*] その他のマイナーな GUI の修正

v3.1.0 | | 17年2021月XNUMX日

  • [*] 接続: 最適化と改善により、より高速になり、パケットごとの送信データが少なくなります
  • [*] 中国の OS で実行する場合の Remcos コントローラーの非互換性を修正
  • [*] 接続: 再接続して暗号化されていない接続から TLS 接続に切り替える際のエージェントのクラッシュを修正
  • [*] 接続: さまざまな TLS 関連の最適化
  • [*] Control Center: 「IP アドレスのコピー」機能が IP を正しくコピーしない問題を修正
  • [*] ファイル マネージャー: 選択したファイルが画像でない場合、[デスクトップの壁紙の設定] 機能がグレー表示される
  • [*] その他細かな修正
  • [!] 接続プロトコルが改善され、より高速になり、送信されるデータが少なくなったため、以前の Remcos エージェントは Remcos v3.1 と互換性がありません。
    古い Remcos エージェントをリモートで更新する場合は、最初に新しい Remcos v3.1 リモート エージェントをビルドします。
    次に、古い Remcos コントローラーを開き、更新機能、ダウンロード/実行機能、またはファイル マネージャーのいずれかを使用して、リモート マシンで新しい Remcos v3.1 エージェントを実行します。

v3.0.2 | | 13年2021月XNUMX日

  • [*] Ctrl + A を使用してリスト内のすべてのエージェントを選択できるようになりました
  • [+] [FileSearch] 見つかったファイルの数を表示するようになりました
  • [*] [ファイル検索] 検索パスのテキストで「Enter」キーボード ボタンを押して検索を開始できるようになりました
  • [*] [FileSearch] FileManager フォームが作成されていない状態で「ファイル マネージャーで場所を開く」を使用すると、Controller でアクセス違反エラーが発生する問題を修正しました。
  • [*] [FileSearch] 検索が既に終了しているときにファイル検索を閉じた後のエージェントのアクセス違反エラーを修正しました
  • [*] [FileSearch] 複数のマシンで同時に検索するときに検索を停止するとエージェントがクラッシュする問題を修正
  • [*] [FileSearch] GUI のマイナーな改善
  • [*] [Remcos アップデーター] アップデーターの速度、メッセージ、エラー処理の改善
  • [*] [Agent Builder] エージェントのビルド時に、ビルド パスが保存ダイアログに記憶されるようになりました
  • [*] [通知] 通知音が常に完全に再生されない問題を修正
  • [*] [KeepAlive] 微調整

v3.0.1 | | 09年2021月XNUMX日

  • [*] [最適化] 5 KB のエージェント サイズの減少
  • [*] [コントロール センター] コントロール センターから「ブラックリスト IP 機能」が機能しない問題を修正しました。 このエラーは v3.0.0 で導入されました
  • [*] [Agent Builder] 空のスペースで「プロファイルの削除」ポップアップ メニュー ボタンをクリックしたときのアクセス違反エラー メッセージを修正
  • [*] [ファイル検索] エージェントを選択せず​​に F3 (ファイル検索のショートカット キー) をクリックすると、アクセス違反のエラー メッセージが表示される問題を修正しました。
  • [*] [コマンドの送信] リモート システムの Cmd ブラック ウィンドウ ポップアップは、すべての cmd コマンドで非表示になりました。
  • [*] [AutoTasks] [Send Command] リモート システムの Cmd ブラック ウィンドウ ポップアップは、すべての cmd コマンドで非表示になりました。

v3.0.0 | | 30年2021月XNUMX日

親愛なる皆様、
2021 年は、Remcos のメジャー アップデートで力強くスタートします。
このアップデートでは、いくつかの改善が導入されています。

接続のセキュリティとパフォーマンスに重点が置かれています。
これまで、Remcos は伝統的に、通信を保護するために静的キーを使用した単純な対称 RC4 暗号化を使用してきました。

v3.0 から、Remcos は現在 TLSv1.3 コントローラとエージェント間のセッションを保護します。
TLS プロトコルははるかに安全であり、送信されたデータを解読することは事実上不可能になります。
実装された TLS プロトコルは AES-128 対称暗号化 (以前に使用されていた RC4 の代わりに) および 楕円曲線 Diffie–Hellman Ephemeral (ECDHE)  非対称暗号化とセッション キー交換用。

動的暗号化キー: AES-128 キーは、接続ごとにランダムに生成されます。
Remcos コントローラーとエージェントが再接続するたびに、
AES 暗号化は常に異なり、常に異なるランダム キーを使用します。

前方秘匿性: 接続ごとに一意のセッション キーを生成することにより、
接続パスワードやキーが侵害された場合でも、
過去のデータを解読することはできません。
それに加えて、
XNUMX つのセッション キーが侵害されても、他のセッションには影響しません。

相互認証: Remcos コントローラーとエージェントが相互に認証
TLS 証明書を使用します。
これにより、中間者攻撃を防ぎ、
あなたのエージェントを不正にコントロールすること、
コントローラーへの悪意のある接続を作成します。

整合性チェック: メッセージが変更または操作されていないことを確認するために、各メッセージに対して整合性チェックが実行されます。

Remcos v3.0 での改善は、Connection にうまく行きます。
シンプルだけど役に立つもの GUIの改善 追加されました。
たとえば、イベント ログを確認しなくても、最後に発生したイベントを Remcos の下部ステータスバーに直接表示できるようになりました。

ウォッチドッグ保護モジュールによってエージェントが突然閉じられて再起動された場合、その通知も受け取るようになりました。

また ファイルマネージャーが改善されました.
あらゆるサイズの巨大なファイルの転送をサポートするようになりました。
また、コードは大幅に書き直され、パフォーマンスとリソース使用量を抑えるために最適化されています。

Remcos エージェント全体が最新のコンパイラで再コンパイルされ、コードが最適化されて高速化されました。

変更点のより詳細なリストは次のとおりです。

  • [+] [接続] Remcos 接続は、通信セキュリティの最新標準である TLS 1.3 によって保護されるようになりました。
    TLS v1.3 は、優れたセキュリティとパフォーマンスを提供します。
    Remcos -> Local Settings -> Connection の「About Connection Security」ボタンをクリックすると、実装されている TLS セキュリティの詳細を確認できます。
    ここで詳細を読むことができます TLSプロトコル と新 TLSv1.3.
  • [+] [接続] 送信データの暗号化に使用される対称暗号化アルゴリズムが AES-128 になりました (RC4 はなくなりました)。
    AES-128 は、RC4 に比べてはるかに強力な暗号です。
  • [+] [接続] 接続の暗号化キーが動的になりました!
    Remcos コントローラーとエージェントが再接続するたびに、
    AES 暗号化では、常に別のランダム キーが使用されます。
  • [+] [接続] TLS 相互認証:
    Remcos コントローラーとエージェントは、TLS 証明書を使用して相互に認証します。
    中間者攻撃を防ぎ、
    あなたのエージェントを不正にコントロールすること、
    または、コントローラーへの悪意のある接続を作成します。
  • [*] [接続] 一部のパケットが非常に高速に送信されたときに通常発生する、特定のケースでのパケット損失の問題を解決しました
  • [*] [接続] キープアライブがアクティブなときのエージェントの切断/再接続の散発的な問題を修正
  • [*] [最適化] エージェントは最新のコンパイラでコンパイルされ、コードはより高速になるように最適化されました
  • [+] [GUI] ステータスバーに「最後のイベント」を追加
  • [+] [GUI] ステータスバー アイコンを追加
  • [*] [GUI] InfoButtons に関する改善および更新されたヒント
  • [+] [GUI] セキュア (TLS) または非セキュア接続を使用している場合、エージェント ウィンドウ (可視モード) が表示されるようになりました
  • [*] [GUI] エージェント ウィンドウのその他のさまざまな小さな改善
  • [*] [GUI] エージェント アイコンの解像度が向上しました
  • [+] [コントロール センター] 接続セキュリティが表示されるようになりました
  • [*] [コントロール センター] [システム情報全体を表示] ボタンをクリックしてもシステム情報 txt が開かない問題を修正
  • [+] [ウォッチドッグ] ウォッチドッグによってエージェントが再起動されると、イベント ログとステータス バーに通知が表示されるようになりました
  • [*] [ファイル マネージャー] ファイル マネージャーは、巨大なファイル (4 GB 以上) の転送をサポートするようになりました。 あらゆるサイズのファイルを簡単にアップロードおよびダウンロードできるようになりました。
  • [*] [ファイル マネージャー] 少ない RAM 容量を使用して巨大なファイルを転送するための最適化
  • [*] [ファイル マネージャー] 4 GB を超えるファイルのファイル転送で誤ったサイズが表示される問題を修正
  • [*] [ファイル マネージャー] その他のマイナーな最適化と改善
  • [*] [ファイル検索] 4 GB を超えるファイルのサイズが表示されない問題を修正
  • [*] [キーロガー] オンライン キーロガーに専用ソケットが追加され、パフォーマンスが向上し、安全性が向上しました (キーロガー接続用にランダムで動的な AES-128 キーが生成されます)。
  • [*] [Dll Loader] URL モードからのダウンロードで、Unicode 文字を含む URL を受け入れるようになりました
  • [*] [Window Manager] ちらつきを解消
  • [*] [エージェントの再起動] 同じシステムにインストールされている複数のエージェントに再起動コマンドを同時に送信すると、すべてのエージェントが再起動しないという問題が修正されました
  • [*] [エージェントのアンインストール] 同じシステムにインストールされている複数のエージェントにアンインストール コマンドを同時に送信すると、一部のエージェントのディスクからエージェント ファイルが削除されないという問題が修正されました。
  • [+] [BlackList IP] 複数のホストで同時にこの機能を実行できるようになりました
  • [+] [ローカルのダウンロード フォルダを開く] この機能を複数のホストで同時に実行できるようになりました
  • [*] その他のマイナーな修正と改善
  • [!] 古い Remcos エージェント (v2.x) は、v3.0 コントローラーと互換性がありません。
    v2 で使用するには、v3.0.x エージェントを v3.0 に更新します。
    それらを更新するには、v3.0 エージェントをビルドしてから、v2 コントローラーを使用して新しいエージェントをアップロードおよび実行します。

v2.7.2 | | 22年2020月XNUMX日

  • [*] クロックに問題のある一部のシステムで発生した「無効なライセンス」エラーを修正しました。
  • [+] v4.1 に更新された KeyGen:
    サポート チケットを作成する必要のない、より迅速なライセンス アクティベーション方法を追加します。

v2.7.1 | | 14年2020月XNUMX日

  • [*] ScreenLogger: 特定の状況で ScreenLogger が起動しないというエラーを修正しました (この問題は、ScreenCapture の改善により v2.6.0 で導入されました)。

v2.7.0 | | 10年2020月XNUMX日

  • [*] プロキシ: リバース プロキシの使用時に時々発生する「現在のプロセスで Socks.dll を読み込めません」というエラーが修正されました
  • [*] プロキシ: その他の微調整
  • [*] パスワード回復: Opera ブラウザで新しいパスワード暗号化を解読するように更新されました
  • [*] チャット: チャット プラグインをアップロードする際のエージェントのクラッシュを修正しました (このエラーは v2.6.0 で導入されました)
  • [*] Builder: いくつかのバグ修正
  • [*] 接続プロトコル: いくつかの変更と最適化
  • [!] この Remcos バージョンは、以前のエージェント バージョンと互換性がありません、接続プロトコルの改善によるものです。
    Remcos エージェントを v2.7.0 に更新してください。
    古いエージェントはコントローラーに接続しませんが、接続しようとするとイベント ログ通知が表示されます。

v2.6.0 | | 10年2020月XNUMX日

  • [+] ScreenCapture: マルチモニターのサポートを追加
  • [+] Builder: ワンクリックで Windows Ipconfig ユーティリティをすばやく開くための IPConfig ボタンが追加されました。
  • [*] 接続プロトコル: 暗号強度の向上
  • [*] お知らせ: GUI の改善
  • [*] エージェント クラッシュの修正: 「|」を含めるとエラーが修正されました接続パスワードの文字
  • [-] 古いスタートアップ メソッド Winlogon/Shell および Winlogon/Userinit を削除しました
  • [*] その他のマイナーな修正と改善
  • [!] この Remcos バージョンは、以前のエージェント バージョンと互換性がありません。
    Remcos エージェントを v2.6.0 に更新してください。
    古いエージェントはコントローラーに接続しませんが、接続しようとするとイベント ログ通知が表示されます。

v2.5.1 | 05年2020月XNUMX日

  • [*] 復旧: 最新のブラウザ バージョンで動作するように更新
  • [*] コントローラーとエージェントの軽微なエラーとパフォーマンスの修正

v2.5.0 | | 20年2019月XNUMX日

  • [+] 新しい機能が追加されました: Logins Cleaner。
    ブラウザのログインと Cookie をリモートで消去して、システムをログインの盗難からリモートで保護します。
  • [+] AutoTasks: 「最初の接続でのみ実行」オプションを追加しました。
    このオプションは、コントローラが再起動されるまで、最初のエージェント接続でのみ AutoTask を実行します。
    同じエージェントが再接続すると、AutoTask はスキップされます。
  • [+] AutoTask が追加されました: Logins Cleaner
  • [*] AutoTask: イベントが改善され、どのリモート ホストが AutoTask を実行しているかが表示されるようになりました
  • [*] ScreenCapture: マウス ホイールを使用してリモートでスクロールできるようになりました
  • [+] キーロガー: 「ログ ウィンドウのタイムスタンプ」オプションを追加
  • [+] キーロガーに「検索」機能を追加
  • [*] キーロガー: その他のマイナーな改善
  • [*] パスワード リカバリ: Firefox 64 ビットのサポートを追加
  • [+] パスワード リカバリ: パスワード リストをクリアできるようになりました (リストを右クリック -> クリア)
  • [*] パスワード回復: その他のマイナーな改善
  • [*] 接続: KeepAlive スレッドが起動されていないためにエージェントが再接続しない問題を修正しました。
  • [*] KeepAlive: 一部のオフライン ホストが表示されている状態で KeepAlive を無効にすると、Controller で Access Violation エラーが発生する問題を修正しました。
  • [*] コントローラ: 「オフライン エージェントを表示」オプションを使用して複数のホストを選択すると、「機能メニューが無効になる」問題を修正しました。
  • [*] GUI のマイナーな改善

v2.4.7 | 13年2019月XNUMX日

  • [*] Proxifier との互換性の向上
  • [*] TeamViewer との互換性の向上
  • [*] 軽微なエラー修正

v2.4.6 | 05年2019月XNUMX日

  • [*] 修正: 複数のエージェントが接続されているときに「オフライン エージェントを表示する」のチェックを外すと、アクセス違反が発生する
  • [*] その他細かな修正

v2.4.5 | 01 5月2019

  • [+] 追加されたオプション: 古いエージェントを強調表示します。 ローカル設定 -> 設定で見つけることができます
  • [*] 「オフラインエージェントを表示」オプションがチェックされていないときに発生した範囲チェックエラーを修正
  • [*] プロキシ: ダイレクト プロキシとリバース プロキシの両方が実行されている場合の停止プロキシ エラーを修正しました。
  • [*] プロキシ: リバース SOCKS が実行され、コントローラー プロセスが強制終了されると、エージェントの CPU 使用率が 100% になる問題を修正しました。
  • [*] プロキシ: ポートを入力した後に Enter キーを押すことでプロキシを開始できるようになりました
  • [*] プロキシ: その他のマイナーな修正

v2.4.4 | | 29年2019月XNUMX日

  • [+] 新しいオプションが追加されました: オフライン エージェントを表示します。 [ローカル設定] -> [設定] にあります
  • [+] イベント ログにポート列が追加されました。 どのポートでさまざまなイベントが発生するかを確認するのに役立ちます。
  • [+] エージェント ミューテックスが接続リストビューの追加の列に表示されるようになりました

v2.4.3 | | 04年2019月XNUMX日

  • [*] バグ修正: キープアライブをオンにしてレイテンシ チェックまたは昇格メッセージ ボックスを長時間開いたままにしておくと発生する、ホストの重複と再接続を修正しました。
  • [*] 改善: 機能ウィンドウが最小化されている場合、再度機能を開いたときに復元されて表示されるようになりました。
  • [-] 利用規約に違反するために悪用されやすいため、分析防止機能を削除しました。

v2.4.2 | | 30年2019月XNUMX日

  • [*] 閉じたポートを削除する際のアクセス違反エラーを修正 (バグは v2.4.0 で導入されました)
  • [*] ファイル マネージャーの修正: 新規フォルダー作成機能で、キャンセルまたは閉じるボタンを押してもフォルダーが作成されていました。 これで修正されました。
  • [*] コントロール センター: リモート コンピューターが切断されたときに機能を開くことができる問題を修正しました。
  • [*] Window Manager: 複数のウィンドウを選択してタイトルの名前を変更すると、エージェントがクラッシュする問題を修正

v2.4.1 | | 28年2019月XNUMX日

  • [*] ポートが閉じている場合に、コントローラーを閉じた後の「スレッドを終了できません」というエラー メッセージが修正されました。 バグは v2.4.0 で導入されました

v2.4.0 | | 27年2019月XNUMX日

  • [+] 新機能: オーディオ プレーヤー
  • [+] ファイル マネージャ: メニューに「オーディオ ファイルの再生」機能を追加
  • [+] 追加されたコマンド: Show Agent。
    リモート システムで Remcos エージェントを可視モードに設定します。
  • [+] 追加されたコマンド: Remcos の昇格 (Remcos 管理下)。
    この機能は、ビルダーのインストール オプションに加えて、いつでもコマンドとして起動できるようになりました。
  • [+] Window Manager: タイトルのないウィンドウを表示するコマンドを追加
  • [+] Window Manager: 非表示ウィンドウを表示するコマンドを追加
  • [+] Window Manager: ウィンドウを非表示にするコマンドを追加
  • [+] ウィンドウ マネージャー: ウィンドウの可視性ステータス (可視または不可視) を表示するようになりました
  • [*] ウィンドウ マネージャー: 空のウィンドウ タイトルを設定するとエージェントがクラッシュする問題を修正
  • [*] Window Manager: データの最適化
  • [*] 改善: ビジュアル テーマを変更するときに接続を再起動する必要がなくなりました
  • [+] 2 つの新しいビジュアル テーマ (Aqua Graphite と Cobalt XEMedia) を追加
  • [*] 修正されたエラー: テーマの変更後にホストが複製されます。 修繕。
  • [*] エラーを修正: テーマを変更すると、すべてのポートが閉じている場合でも、すべてのポートが開いた状態で読み込まれます。 修繕。
  • [*] ファイル検索: リストビューのちらつきを修正
  • [*] 昇格: 一部のシステムでの起動が修正されました
  • [*] その他のコードの最適化
  • [!] 新しい機能を使用し、互換性の問題を回避するために、必ずエージェントを最新バージョンに更新してください。

v2.3.0 | | 07年2019月XNUMX日

  • [+] 新機能: アクティビティ通知 (監視中)
  • [*] コントロール センター: すべての機能のショートカット キーを追加しました。
  • [*] コントロール センター: よりコンパクトなデザインで、ボタンの代わりにメイン メニューを備えています。
  • [*] パスワード リカバリ: 「すべてのリモート ブラウザ パスワードをクリアする」機能を追加しました。
  • [*] トレイ通知: 改善された通知形式と GUI
  • [*] Ping: 複数のホストを選択してまとめて ping する場合、MessageBox が表示されないようになりました
  • [*] ビルダー: GUI の改善
  • [*] GUI のマイナーな改善

v2.2.2 | 23 2月2019

  • [+] AutoTask: Downloader に Download-Only オプション (実行なし) を追加しました。
  • [*] プロキシ: ダイレクト プロキシがアクティブでリバース プロキシがアクティブでない場合に、エージェントの切断時にエージェントがクラッシュする問題を修正しました。 バグは v2.0.5 で導入されました
  • [*] プロキシ: ダイレクト モード ポートが記憶され、.ini に保存されるようになりました (既に保存されているリバース ポートも同様です)。
  • [*] プロキシ: プロキシ モードの情報ボタンに関する情報の改善
  • [*] プロキシ: その他のマイナーな改善

 v2.2.1 | 22 2月2019

  • [+] ダウンローダ: ダウンロードのみのオプションを追加 (実行なし)
  • [!] このバージョンから Downloader を使用するには、エージェントを v2.2.1 に更新する必要があります
  • [*] AutoTasks: ブラウザーのパスワード回復 txt ファイルが間違った形式で保存される問題を修正しました。
    ブラウザのパスワード ファイルが正しい Unicode 形式で保存されるようになりました。
  • [*] 画面解像度の変更後、または RDP を使用して Remcos コントローラ システムに複数回アクセスしたときに発生した切断/再接続を修正しました。
  • [*] Ping コマンドでのコントローラーのアクセス違反エラーを修正しました。
    これは、画面解像度の変更後、または RDP を使用して Remcos コントローラー システムに複数回アクセスしたときに発生しました。
  • [*] KeepAlive を微調整してパフォーマンスを向上させました (現在、KeepAlive システムはマルチスレッドです)。
  • [*] ブラックリスト: ポートの開閉をトリガーするブラックリストのダブルクリックを修正
  • [*] リッスン ポート リストの空きスペースをダブルクリックすると、コントローラでアクセス違反エラーが発生する問題を修正

 v2.2.0 | 07 1月2019

  • [+] 新機能の追加: ブラウザ履歴ビューア。
  • [+] パスワード回復モジュールの更新: Vivaldi ブラウザのサポートを追加
  • [*] AutoTasks: タスクリスト ファイルが Unicode で保存されるようになりました
  • [*] Proxy: 利用できないポートで「Direct SOCKS」を起動すると、「Error code: -1」エラーが修正されました
  • [*] プロキシ: リバース SOCKS に XNUMX つの同じポート番号を使用しようとした場合のチェックを追加
  • [*] Builder: プロファイルを手動で保存した後、デフォルトの remcos エージェント ファイル名が profile.ini になる問題を修正しました
  • [*] Builder: tasklist を保存した後、デフォルトの remcos エージェントのファイル名が task.tsk になる問題を修正しました
  • [*] ショートカット キーをより直感的に調整
  • [*] GUI の微調整

v2.1.0 | 04 12月2018

  • [!] ScreenLogger を使用するには、エージェントを v2.1.0 に更新してください
  • [*] ScreenLogger: 接続が最適化され、より高速になり、膨大なスクリーンショット リストを転送できるようになりました
  • [*] ScreenLogger: Ctrl + A を使用して、リスト内のすべてのスクリーンショットをすばやく選択できるようになりました
  • [*] ScreenLogger: 非常に大量のスクリーンショットがリストされたときの接続ドロップを修正しました
  • [*] ScreenLogger: 右クリックしてスクリーンショットを保存するとエージェントがクラッシュする問題を修正
  • [*] CommandLine: 空のコマンドを送信するとエージェントがクラッシュする問題を修正
  • [*] その他細かな修正

v2.0.9 | 21 10月2018

  • [*] スケーリングが 2.0.8% とは異なるシステムで発生した、v100 コントロール センターのスケーリングの問題を修正しました。
  • [*] インストールされたプログラム マネージャー: 項目を選択せず​​に右クリックした場合のアクセス違反を修正 (https://i.imgur.com/OhaLOrU.gifv)
  • [*] Services Manager: 項目を選択せず​​に右クリックした場合のアクセス違反を修正

v2.0.8 | 20 10月2018

  • [!] File Manager と新機能を使用するには、エージェントを v2.0.8 に更新してください
  • [+] コントロール センター: ハードウェア情報に「コンピュータ モデル」フィールドを追加
  • [+] コントロール センター: システム情報に「OS バージョン」を追加 (例: v10.0、ビルド 17130)
  • [+] コントロール センター: セカンダリ GPU があれば表示する機能
  • [+] コントロール センター: システムおよびハードウェア情報の全文ログをダウンロードして表示する機能
  • [+] コントロール センター: 単一ホストのイベント ログを追加
  • [+] コントロール センター: 「ローカル ユーティリティ」機能を追加
  • [*] Control Center: 一部のシステムで GPU が正しく表示されない問題を修正
  • [*] ファイル マネージャー: KeepAlive がアクティブな状態で膨大な数のファイルを含むフォルダーを参照すると、エージェントが切断される問題を修正しました
  • [*] ファイル マネージャー: サイズが 32 ビットを超えるファイルをダウンロードしようとすると、「有効な整数ではありません」というエラーが修正されました (https://i.imgur.com/vX4bdm9.png)。
  • [*] ファイル検索: リストでホストが選択されていない場合に検索が開始されない問題を修正
  • [*] Web ページを開く: 「www」または「http」プレフィックスを追加しない場合でも、Web ページが起動されます (デフォルトでは http)。
  • [*] Web ページを開く: キャンセル ボタンを押すと Web ページが開く問題を修正
  • [+] Watchdog がアクティブで、Remcos が Watchdog によって再起動された場合、Remcos Agent が出力するようになりました
  • [*] イベント ログ: .exe 拡張子を示唆するファイルのフィルターへの保存ログを修正しました (https://i.imgur.com/RJ2ggtU.png)
  • [*] ローカル設定: [ショートカット キーを表示] のチェックを外すと一部の機能メニュー項目のテキストが切り取られる問題を修正
  • [*] ウォッチドッグとインジェクションの微調整
  • [*] ビルダーの最適化
  • [*]表示される利用規約の更新

v2.0.7 | 17 9月2018

  • [+] IP ブラックリスト設定が追加されました。 ローカル設定 -> IP ブラックリストで見つけることができます
  • [+] 機能メニューに「ローカル ユーティリティ」を追加しました。
    この新しいカテゴリには、リモート ホストにデータを送信しない関数が含まれます。
    ただし、ローカル管理には便利です (IP のコピー、IP のブラックリストへの登録、ダウンロード フォルダーを開くなど)。
  • [+] Builder: 完全な「Pro」スタブと「Light」スタブの間でスタブを選択できるようになりました。
    両方のスタブは再配置テーブルでコンパイルされます。
  • [+] コントロール センター: リモート IP アドレスをクリップボードにコピーできるようになりました ([ネットワーク情報] リストを右クリック)。
  • [*] Remcos アップデーターの変更。 古いバージョンのアップデーターを使用して、このバージョンの Remcos をダウンロードすることはできません。
    クライアント エリア -> ダウンロード ページから v2.0.7 を手動でダウンロードしてください。
  • [*] 軽微な修正

v2.0.6 | 12 9月2018

  • [*] 起動時の最適化された C&C 読み込み時間: さらに高速になり、
    Remcos C&C を実行すると、起動に以前の 2/3 の時間がかかります。
  • [*] イベント ログ: GUI の改善、ミリ秒が表示されるようになりました
  • [*] イベント ログ: より詳細なログ
  • [*] タブの改善について: 取扱説明書およびその他の便利なリンクを追加
  • [*] コントロール センター: 情報を取得できない場合にジオロケーションが奇妙な値を表示する問題を修正
  • [*] 接続されたホストで KeepAlive を無効にすると、C&C でアクセス違反エラーが発生する問題を修正
  • [*] その他のマイナーな改善と修正。

v2.0.5 | 14 6月2018

このアップデートには、多くの安定性の修正と改善、および新しい便利な機能の追加が含まれています。

  • [+] コントロール センターが追加されました。これは、古いホスト情報ビューアーを完全に改善したものです。
    コントロール センターから、リモート マシンのすべての重要な情報を簡単かつ便利に表示できます。
    任意の機能を起動します。
  • [+] コントロール センター: リアルタイム RAM 使用ビューアーを追加
  • [+] コントロール センター: リアルタイムの CPU 使用率ビューアを追加
  • [*] 修正: 表示されているショートキーを使用している場合、ホストのダブルクリックで機能が開かない問題を修正しました。
  • [*] Service Manager: 初期データを受信する前にフォームを閉じるとアクセス違反エラーが発生する問題を修正
  • [*] Installed Programs Manager: プログラムをアンインストールできない場合に remcos エージェントがクラッシュする問題を修正
  • [*] チャット: チャットを開始できない「無効な文字」のバグを修正
  • [*] チャット: 再接続後に古いソケットを閉じない問題を修正
  • [*] プロキシ: リモート ホストの再接続後の「リバース トンネルを開始できません: ポートは既に使用されています」というエラーが修正されました
  • [*] プロキシ: プロキシがアクティブなときに再接続機能を使用すると、リモート エージェントの CPU が 100% になる問題を修正しました
  • [*] プロキシ: フォームを閉じた後にポート番号が保存され、フォームを再度開いたときに記憶されるようになりました。
  • [*] パスワード リカバリ: 新しいリカバリ セッションを起動するときに、リカバリされたパスワードがクリアされないようになりました (同じマシンでリカバリを起動しない限り)。
  • [*] パスワード リカバリ: 新しいリカバリ セッションを開始するために以前のリカバリ セッションを閉じる必要があった問題を修正しました (フォームが既に表示されているときにリカバリが再起動されるようになりました)
  • [*] ダウンローダー: マイナーな修正
  • [*] アップデーター: マイナーな修正
  • [*] その他のマイナーな改善と修正

v2.0.4 | | 6年2018月XNUMX日

  • [*] Remote CommandLine: 一部のコマンドがエージェントをクラッシュさせないように修正 (bitstadmin、ftp など)
  • [*] Remote CommandLine: コマンドラインで改行を含むデータを貼り付ける際の修正
  • [*] Proxy: リストから複数のプロキシを同時に停止しようとすると、Access Violation エラーが修正されました
  • [*] プロキシ: リバース プロキシでエラーが発生した後、リバース プロキシのポートを変更できない問題を修正しました。
  • [*] プロキシ: プロキシ ポートのテキストボックスは数字のみを受け入れるようになりました

v2.0.3 | | 29 年 2018 月 XNUMX 日

  • [*] Remote CommandLine 機能を書き直して改善しました。
  • [+] Window Manager: 「Set window title」機能を追加
  • [*] Window Manager: 複数のウィンドウをまとめて選択し、アクションを適用できるようになりました
  • [*] ウィンドウ マネージャー: GUI の改善
  • [*] レジストリ エディターが Unicode をサポートするようになりました。
  • [*] レジストリ エディター: 64 ビット整数を挿入できるようになりました (エラー修正)
  • [*] レジストリ エディター: 新しい空の値を追加するとエージェントがクラッシュするエラーを修正
  • [*] レジストリ エディター: 値の複数選択と削除が可能になりました
  • [*] レジストリ エディタ: 右クリックを使用してレジストリ キーを選択する際の修正
  • [*] レジストリ エディタ: キー リスト メニューにも「新しいキー」メニュー機能を追加
  • [*] レジストリ エディター: その他のマイナーな修正と改善
  • [*] Agent Builder の改善 -> 接続
  • [*] プロキシ: 「プロキシ サーバー」リストのアイテムをダブルクリックすると、プロキシ管理ウィンドウが開きます。

v2.0.1 – v2.0.2 | | 10 年 2018 月 XNUMX 日

  • [*] C&Cの修正

v2.0.0 | | 02 年 2018 月 XNUMX 日

[*] Core Connection プロトコルを完全に書き直して、効率と速度を向上させました。
新しいプロトコルは、古い Remcos v1 プロトコルと比較して、CPU とメモリの使用量を抑えながら、より高速になるように設計されています。
これにより、リモート ホストでデータを送信するすべての機能が一般的に高速になります。
改善は、単一のリモート ホストと通信する場合に顕著ですが、特に多数のホストを同時に管理する場合に顕著です。

[+] サービス マネージャーを追加:

[+] インストール済みプログラム マネージャを追加:

[+] メニューに「リモート壁紙の設定」機能を追加

 

スクリーンキャプチャの改善!

[+] ScreenCapture: [マウスの動きを同期] オプションを追加
[*] ScreenCapture: マウスのリモート入力とクリック システムが改善され、ウィンドウやオブジェクトをドラッグできるようになりました
[*] ScreenCapture: キーストロークの送信中に、Shift、Ctrl、Alt キーのステータスを取得するようになりました
[*] ScreenCapture: 転送を高速化するために最適化されたソケット コマンド データ

 

ファイルマネージャーの改善!

[*] FileManager: 転送を高速化するために最適化されたソケット コマンド データ
[*] FileManager: 完了したダウンロードで誤って表示されるファイル サイズを修正
[*] FileManager: 「壁紙の設定」機能が改善され、壁紙のスタイルを選択できるようになりました。

 

その他多くの改善点:

[+] リモート ホストでのダブルクリック アクションがカスタマイズ可能になりました。
機能メニューを使用しなくても、ホストをダブルクリックして直接開くお気に入りの機能を割り当てることができるようになりました。
[+] パワー マネージャ: 「強制」オプションを追加
[*] リッスン ポートのローカル設定: リストから削除して再度読み込むことなく、ポートを開始/停止する機能が追加されました。
[+] キーロガー: キーログ ファイル サイズ制限オプションを追加
[*] キーロガー: GUI の変更と改善
[*] Process Manager / Window Manager / Functions メニューの GUI の修正と改善
[*] Send Command 関数が Unicode になりました
[*] 接続リストが空のときにポップアップできた分類された機能メニューのバグを修正
[*] リモート ホストが CurrentFrmClipboardManager を切断するときのバグを修正
[*] Builder は非互換性パッカー/インジェクションを通知するようになりました
[*] その他のさまざまな修正と調整

[!] コア接続プロトコルの根本的な変更により、Remcos v1 エージェントは Remcos v2 C&C と互換性がなく、逆も同様です。
Remcos v1 ホストをリモートで更新する場合は、最初に新しい Remcos v2 リモート エージェントをビルドします。
次に、Remcos v1 C&C を開き、更新機能、ダウンロード/実行機能、またはファイル マネージャーのいずれかを使用して、リモート マシンで新しい Remcos v2 エージェントを実行します。

 

v1.9.9 – 17 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] 「リモート エージェントの再起動」機能が追加されました。
    このコマンドを受信すると、Remcos エージェントは自己終了して再起動します。
  • [*] コードの最適化
  • [*] チャット: チャット プラグインが読み込まれる前にメッセージを送信できたバグを修正しました
  • [*] 割り当てられた名前: 見やすくするために、表示される名前に「一意の ID」の英数字コードの接尾辞が含まれなくなりました。
  • [+] キーロガー: KL の開始/終了時刻が記録されるようになりました。 これは、オンラインとオフラインの両方のキーロガーに当てはまります。
  • [*] キーロガー: アンインストールまたは更新後にキーログ ファイルが削除されない小さなバグを修正しました。 選択的キーロガーが有効になっているがアクティブでない場合に発生
  • [*] キーロガー: フォーマットのマイナーな改善
  • [*] その他のマイナーな改善と修正

v1.9.8 – 16 年 2017 月 XNUMX 日

  • [*] プロセス インジェクション: 「カスタム プロセスのインジェクト」で、Remcos がカスタム プロセスをインジェクトでき​​なかったため、ブラウザにインジェクトされたバグを修正しました。
    バグは v1.9.0 で導入されました。
  • [*] ビルダー: ファイル名がビルダー プロファイルに保存されるようになりました
  • [*] FileMgr: 可視モードの場合、リモート ユーザーは、ファイル マネージャーで参照されているフォルダーと実行されているファイルを確認できるようになりました。
    リモート アシスタンスやサポート セッションに役立ちます。
  • [*] 権限昇格: 新しいパッチが適用されたシステムは、UAC バイパス エクスプロイトで処理されるようになりました。
    パッチが適用されたシステムが検出された場合、エクスプロイトは起動せず、Remcos は正常に起動します。
  • [+] About タブに「Terms of Agreement」ボタンを追加したので、利用規約を覚えておくことができます。
  • [*] セキュリティの改善と修正
  • [*] その他のマイナーな改善と修正

v1.9.7 – 13 年 2017 月 XNUMX 日

更新に次ぐ更新、Remcos の多数の関数の配列は、ますます長くなりました。
Remcos には非常に多くの機能が含まれているため、それらすべてをナビゲートするのが混乱することがありました。

この新しいリリースには、新しいタイプの機能メニューがあり、すべての機能がカテゴリにグループ化されています。

  1. システム管理
  2. 監視
  3. ネットワーク機能
  4. 追加機能
  5. Remcos リモート エージェント管理

Local Settings -> Preferences で、いつでも従来の拡張メニューに切り替えることができます。

新しいリリースには、修正と微調整も含まれています。

いつものように、フィードバックやコメントは大歓迎です!

完全な変更ログは次のとおりです。

  • [+] 新しい「分類されたスタイル」機能メニューが追加されました。 ローカル設定を介して、従来の「拡張」メニューに切り替えることができます。
  • [*] メニュー GUI といくつかのショートカットキーの再配置と変更
  • [*] File Manager: 非常に小さなファイル (65 kb 以下) をダウンロードする際の C&C コードのバグを修正
  • [*] その他微調整

v1.9.6 – 08 年 2017 月 XNUMX 日

  • [!] 新しい認証: クライアント エリアから新しい KeyGen v4 をダウンロードし、新しいライセンス キーを送信して、Remcos v1.9.6 を操作します。
  • [+] 新しい接続と切断に関する新しい Remcos スタイルの通知を追加しました。
    通知ウィンドウで、Remcos アイコンをクリックすると、Remcos C&C が最小化されているかフォアグラウンドにないときにすばやく開くことができます。
    この新しい通知は、煩わしい Windows スタイルの通知を置き換えるために開発されました。
    ローカル設定に移動することで、古い Windows スタイルの通知を引き続き使用することも、通知をまったく使用しないこともできます。
  • [*] 一部のシステムでの CPU 情報の小さな GUI の問題を修正 (スペースが多すぎる)
  • [*] 小さな GUI の改善
  • [*] 認証とセキュリティの変更
  • [*] デフォルトの Remcos フォントが Tahoma から Arial に変更されました

v1.9.5 – 21 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] ScreenCapture: 「リモート画面の解像度を表示」と「元の解像度で表示」を追加
  • [+] ホスト情報: リモート ホスト プロパティに追加された CPU と GPU: システムのプロセッサとグラフィックス カードのモデルを表示できるようになりました。
  • [+] Remote Agent Updater: ダウンロード パスを選択するオプションを追加
  • [*] ScreenCapture: スクリーンセーバーのバグを修正
  • [*] ホスト情報: GUI の改善
  • [*] その他のマイナーな修正と改善
  • [!] 改善が行われたため、新しい「リモート エージェント アップデーター」機能は、古いバージョンのリモート エージェントでは動作しません。 古い C&C を使用して、古いリモート エージェントでこの機能を使用できます。 または、互換性のある新しい v1.9.5 Download&Execute または FileManager を使用することもできます。

v1.9.4 – 16月2017日

  • [*] 一部の古いバージョンのリモート エージェントが新しい C&C に接続できなかった、以前のリリース v1.9.3 のエラーを修正しました。
  • [*] DLL ローダー: 「ローカル ファイルから」モードを選択し、「URL から」モードに戻った後に URL を挿入できなかったバグを修正しました。
  • [*] 不正使用防止/クラッキング防止システムでの誤検出の修正
  • [*] DPI スケーリングの修正
  • [*] GUI の改善と修正

v1.9.3 – 14月2017日

  • [+] ホスト情報に「インストール パス」を追加しました。 インジェクションされている場合でも、remcos エージェント ファイルのインストール パスを表示します。
  • [*] File Manager: 大きなファイル転送でダウンロード ファイルがスタックする問題を修正しました。
  • [*] ファイル マネージャ: ファイル アップロード コードが書き直され、安定性、速度が向上し、リソース使用量が削減されました。
  • [*] File Manager: ダウンロードがスタックした後に FileManager フォームを閉じると C&C がフリーズする問題を修正しました。
  • [*] ファイル マネージャー: カスタム テーマ使用時のちらつきを修正しました。
  • [*] ファイル マネージャー: 「新しいフォルダーの作成」機能のアクセス違反を修正しました。
  • [*] ファイル マネージャー: リモート システム上のファイルまたはフォルダーの削除に失敗した場合のエラー通知を追加しました。
  • [*] ファイル マネージャー: 転送プログレスバーの後に太字で表示されるリストビュー項目のテキストを修正しました。
  • [*] ファイル マネージャー: その他のマイナーな修正と改善。
  • [*] オーディオ キャプチャ: オフライン オーディオ録音がオーディオ ファイルを保存しない問題を修正しました。v1.9.0 で導入されたバグです。
  • [*] オーディオ キャプチャ: アンインストール時にオフライン オーディオ フォルダが削除されない問題を修正しました。
  • [*] ScreenLogger: 場合によっては ScreenLogger が正しく起動しないメモリのバグを修正しました。
  • [*] ScreenLogger: スクリーン ロガーを開くときのエラーが修正され、リモート スクリーンロガー フォルダーがありませんでした。
  • [*] ScreenLogger: より良いファイル名 (名前は、時間間隔のスクリーンショットの場合は「time」で始まり、選択ウィンドウのスクリーンショットの場合は「wnd」で始まります。
  • [*] ScreenLogger: その他のマイナーな修正と改善。
  • [*] キーロガー: オフライン キーロガーが無効になっている場合、オンライン キーロガーがウィンドウ タイトルとクリップボードを取得しない問題を修正しました。
  • [*] チャット: 最後のメッセージでチャットが自動的に下にスクロールするようになりました。
  • [*] チャット: リモート エージェント側の GUI の空のメッセージを修正。
  • [*] ビルダー プロファイルに保存されないスタブ タイプ (通常または再配置) を修正しました。
  • [*] イベント ログ: GUI の改善 (新しいアイコン)
  • [*] ビルダー: GUI の改善

v1.9.2 – 10年2017月XNUMX日

  • [+] Remcos C&C テキストの任意のフォントをカスタマイズして選択できるようになりました!
    「ローカル設定 -> 環境設定」からお好みのフォントを選択できます。
  • [*] 一部のシステムでエラー ポップアップが表示される原因となっていた、リモート エージェントのインストールおよび更新機能の修正。
  • [*] 高解像度画面でのフォームのスケーリングに関する修正と改善。
  • [*] ScreenCapture: ScrCap フォームを閉じるときにアプリケーションがフリーズするバグを修正しました。
  • [*] ScreenLogger: フォルダーが実際に存在する場合に表示される「ローカル スクリーンショット フォルダーが見つかりません」というメッセージを修正しました。
  • [*] その他のマイナーな改善と修正。

v1.9.1 – 06 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] キーロガー: キーロガー フォームの下部にリモート ログ ファイルのパスが表示されるようになりました。
  • [*] キーロガー: 「暗号化されていないログ」モードの使用時に v1.9.0 で導入されたバグを修正
  • [*] キーロガー: フォルダー内にリモート ログを作成する際にリモート ログが削除されたときに発生したバグを修正しました
  • [*] キーロガー: その他の小さな修正と改善
  • [*] チャット: リモートホストが Remcos プロセスを閉じてから再接続したときにチャットが機能しない問題を修正
  • [*] チャット: 新しいメッセージを受信すると、チャット フォームがポップアップするようになりました。
  • [*] チャット: その他の小さな改善と修正。

v1.9.0 – 29 年 2017 月 XNUMX 日

Remcos v1.9 は、新しい機能を追加する重要な更新ですが、主に多くの修正と多くの Unicode 互換性の改善を提供します。
ほぼすべての機能が Unicode に完全に対応するようになったため、世界中のどの国でも、どの言語でも問題なく Remcos を使用できます。
チャット機能が追加され、Remcos がリモート サポート セッションでさらに多目的に利用できるようになりました。

  • [+] チャット機能を追加
  • [+] Download&Execute: Download To Memory 機能を追加
  • [+] Download&Execute: Download To File 機能のパスを選択するオプションを追加
  • [+] AutoTasks: Download&Execute: Download To Memory 機能を追加
  • [+] AutoTasks: Download&Execute: Download To File 機能のパスを選択するオプションを追加
  • [+] パスワード リカバリ: 保存されたパスワード ファイルに IP アドレスを追加
  • [*] コードと関数の多くの部分で Unicode 互換性が大幅に改善されました
  • [*] リモート PC のユーザー名に Unicode 文字が含まれている場合に発生する問題を修正しました
  • [*] Unicode 文字を含むパスを使用したインストール/アンインストール/更新機能の問題を修正
  • [*] AutoTasks タスクリストの読み込みのバグ修正
  • [*] AutoTasks メール パスワード リカバリのバグ修正
  • [*] 一部の画面解像度とシステムで発生したフォーム スケーリングの問題が修正され、Remcos フォームが切り取られました。
  • [*] レジストリ エディター: 「新しい値を追加」ウィンドウが上部に表示されるのではなく、regedit フォームの後ろに表示される問題を修正
  • [*] その他多くのマイナーな修正と改善
  • [!] レトロ互換性に関する警告: 古いリモート ホスト (v1.8.x まで) のバージョンは、Unicode をサポートするために多くの変換と改善が行われたため、互換性がありません。
  • [!] 最新のアップデートを使用するには、リモート ホストをこのバージョンにアップデートすることを強くお勧めします。
  • [!] 更新するには、Remcos v1.9 Builder を使用して新しいリモート クライアントをビルドしてから、古い v1.8 バージョンを使用してリモート ホストにダウンロードして実行してください。

v1.8.2 – 09 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] FileManager に「リモート デスクトップの壁紙を変更する」機能を追加しました。
  • [*] FileManager: UNICODE ファイル名とパスに関する修正と改善
  • [*] FileManager: 暗号化接続を使用して複数のファイルを転送する際のファイル転送のバグを修正
  • [*] RC4 暗号化クラスのマルチスレッド バグを修正
  • [*] AutoTasks: マイナーな修正と改善 (cmd コマンドの起動時に表示される黒い cmd ウィンドウを修正)
  • [!] FileManager を適切に使用するには、リモート ホストをこのバージョンに更新することをお勧めします。

v1.8.1 – 06 年 2017 月 XNUMX 日

  • [*] Proxy モジュールの修正

v1.8.0 – 02 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] Direct SOCKSv5 モジュールと機能が追加されました。
  • [+] リバース SOCKSv5 モジュールと機能が追加されました。
  • [*] バグ修正: エージェント: 割り当て解除されたメモリ アクセスのバグを修正
  • [*] BugFix: Auto-Task: 複数のコマンドを送信する際のバグを修正しました。
  • [*] イベント ログの改善: イベント タイプのアイコンを追加 (情報、警告、エラー、成功)
  • [*] その他のマイナーな改善と修正

v1.7.4.1 – 15年2017月XNUMX日

  • [*] ScreenCapture: フォームのサイズを変更するときの「リモート マウス カーソルを表示」チェックボックスの小さな GUI 修正。

v1.7.4 – 14 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] 割り当てられた名前をその場で変更するための「Rename remote client」機能が追加されました。
  • [+] スクリーン キャプチャ: リモート マウス カーソルを表示するオプションが追加されました。
  • [+] スクリーン ロガー: リモート マウス カーソルを表示するオプションが追加されました。
  • [*] マイナーなバグ修正: 接続リストビューがフォーカスされていてホストが接続されていない状態でショートキーを押すと表示される範囲外エラー メッセージを修正しました。
  • [*] GUI のマイナーな変更/改善。

v1.7.3 – 23 年 2017 月 XNUMX 日

  • [*] パスワードの回復と自動回復: 改善と修正が行われ、専用のソケットを介して回復が行われるようになりました。
    重要: このバージョンのパスワード回復機能は、古いバージョンのパスワード回復と互換性がありません。
    アップグレードされたパスワード リカバリを使用するには、リモート ホストを新しいバージョンに更新します。
  • [*] ウェブカメラ キャプチャ: GUI が改善され、フレーム タイムスタンプが表示されるようになりました。
  • [*] スクリーン キャプチャ: レンダリングするディスプレイがない場合に発生するクラッシュを修正しました。
  • [*] 関数によって作成されたウィンドウは、メイン C&C ウィンドウの上に表示されるようになりました。
    これにより、特に多くの機能を一緒に使用する場合や、Remcos C&C を全画面表示にしたい場合に、より快適なエクスペリエンスが提供されます。

v1.7.2 – 20 年 2017 月 XNUMX 日

  • [*] ウォッチドッグ機能とインジェクション機能の互換性の向上

v1.7.1 – 19 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] Remcos ファイルとプロセスを偶発的な終了や削除から保護するウォッチドッグ機能を追加しました。
    この機能を有効にすると、C&C から Close または Uninstall 機能を使用するだけで、Remcos を簡単にアンインストールできます。
  • [+] Remcos レジストリ エントリを破損や削除から保護するレジストリ ウォッチドッグが追加されました。
  • [*] マイナーな修正と改善。

v1.7 – 05 年 2017 月 XNUMX 日

  • [+] リモート レジストリ エディタ機能が追加されました。

v1.6.11 – 18 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] C&C: 変更履歴ボタンを追加

v1.6.10 – 17 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] C&C: オペレーティング システム アーキテクチャ (32/64 ビット) が OS 列にも表示されるようになりました。
  • [*] エージェント: 32 ビット プラットフォームで system64 の下にインストールするときに発生したインストールのバグ修正。

v1.6.9 – 14 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] 再配置ビルド オプションを使用して、スタブの選択を追加しました。
  • [*] エージェント: 無効なネットワーク アダプター経由で DNS に接続するときに発生するクラッシュを修正しました。
  • [*] コントローラー: カスタム テーマを使用しているときに長いテキストを切り取る一部の情報メッセージ ボックスの視覚的なバグを修正しました。
  • [*] C&C: スクリーンキャプチャ: スクリーンキャプチャが無効になっているか、「シングル フレーム」モードの場合、マウス クリックとキーストロークは送信されなくなりました。
v1.6.8 – 12 年 2016 月 XNUMX 日
  • [+] リモートスクリプト機能を追加: すべてのマシンでスクリプトをすばやく作成、起動、監視できます。
    VBScript、JavaScript、およびバッチをサポートします。
    スクリプトは、実行が終了するとすぐに削除されます。
    リモート クライアントでこの機能を使用できるようにするには、リモート クライアントを更新する必要があります。
  • [+] メニュー機能のショートカットキーを追加、キーボードを使用して機能をすばやくポップアップできます。
    Local Settings -> Preferences から、メニューのショートカットキーの表示/非表示を切り替えることができます。
v1.6.7 – 09 年 2016 月 XNUMX 日
  • [+] エージェント: より詳細な表示情報 (可視モード)。
  • [+] C&C: カスタム ping 間隔を設定できるようになりました。
  • [+] C&C: 「割り当てられた名前」フィールドが「ID」フィールドに置き換えられました。このフィールドには、割り当てられたプレフィックスと一意の識別子 (リモート OS 名、PC/ユーザー名、IP アドレス、Mutex に基づく) が含まれ、一意のリモート接続を識別します。識別子。
  • [*] C&C: Remcos C&C を閉じる際に発生したアクセス違反エラーを修正し、X ボタンを使用して Remcos を閉じることができませんでした。 このエラーは、ユーザーがログアウトした後、Windows で特定のケースで発生しました
  • [*] C&C: 設定セクションのデザインを変更し、より整然としたものにしました。
  • [*] C&C: 一部のシステムで発生した KeepAlive スリープの問題を修正し、一部の状況で接続が切断され、再接続されました。
  • [*] C&C: GeoLocalization スレッドでのメモリ リークを修正しました。
  • [*] その他の小さな修正と改善。
  • [!] 現在、Remcos Free では「見えない」モードは使用できなくなりました。
v1.6.6 – 24 年 2016 月 XNUMX 日
  • [+] メール クライアントのリカバリを追加 (Thunderbird、Outlook)
  • [+] キーロガー フォームにオンデマンドの [Cookie/ログインをクリア] オプションを追加

v1.6.5 – 19年2016月XNUMX日

  •    [*] C&C: 新しいビルダーシステムに関する修正
  •    [*] エージェント: 64 ビット プラットフォームでのインジェクションに関する小さな修正
  •    [*] ファイル マネージャー: リモートで複数のファイルを同時に開くことができるようになりました

v1.6.4 – 16年2016月XNUMX日

  •    [+] ビルダー プロフィール システムを追加
  •    [*] GeoIP方式を使用して表示された一部の場所の視覚的なバグを修正

v1.6.3 – 11年2016月XNUMX日

  • [+] カスタム フォルダを作成して、remcos exe とキーログをインストールするオプションが追加されました。 カスタム フォルダーは、選択した親ディレクター内に作成されます。 C:WindowsRemcosremcos.exe.
    独自のフォルダーがなくても remcos をインストールできます。 C:Windowsremcos.exe、カスタム フォルダー フィールドを空白のままにします。
  • [*] C&C が応答しなくなり、タスク マネージャーによって強制終了されなければならなかった「ゾンビ remcos」バグを修正しました。 このバグは、C&C を長時間使用した後に発生する場合がありました。
  • [*] その他の安定性とパフォーマンスの改善。
  • [*] いくつかの小さな GUI の修正と改善。

v1.6.2 – 25 年 2016 月 XNUMX 日

  • [*] インストール、UAC バイパス、およびパスワード回復 AutoTask に関連する小さな改善とバグ修正。

v1.6.1 – 24 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] AutoTasks: タスクリストを保存/ロードする機能が追加されました。
  • [*] Remcos C&C を再起動した後、接続リストビューの列の順序と幅が記憶されるようになりました (それらは remcos .ini ファイルに保存されます)。

v1.6.0.1 – 21 年 2016 月 XNUMX 日

  • [*] まれにリモートコンピュータ名が誤って表示される不具合を修正しました。
  • [*] ScreenCapture & CamCapture: フォームのサイズを変更する際の一部のコンポーネントの視覚的なずれを修正しました。この視覚的なバグは v1.6 で導入されました。

v1.6 – 17 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] IP ジオロケーションを追加
  • [+] 権限昇格エクスプロイト (UAC バイパス) を追加
  • [+] 分析対策: 自己アンインストールの反応が追加されました: 選択した分析環境が検出されると、システムから自分自身を完全に消去します
  • [+] スクリーン キャプチャ: 「すべてのフレームを自動保存」機能を追加
  • [+] ウェブカメラ キャプチャ: 「すべてのフレームを自動保存」機能を追加
  • [+] Window Manager: ウィンドウを最大化および復元するオプションを追加
  • [*] パスワード回復: 少し速くなるように最適化されています
  • [*] Process Manager: カスタムオーダーで接続をソートした後に表示された「List Index out of bounds」エラーを修正しました
  • [*] Builder: ユーザー エラーを防ぐために、インストール コンボ ボックスが編集不可になりました

V 1.5.2 – 02 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] HostInfo フォームに「ローカル接続アドレス」を追加
  • [+] HostInfo フォームに「特権レベル」を追加
  • [*] 接続をカスタム順序で並べ替えた後に表示された「List Index out of bounds」エラーを修正しました
  • [*] ポートがリッスンしているとエラー メッセージが表示された後でも、場合によってはポートがリッスンしているように見える視覚的なバグを修正しました。
    利用不可として通知されました
  • [*] 複数の接続アドレスが指定された特定のケースで発生する接続バグを修正しました。
    指定し、しばらくの間リモートホストが C&C に接続できないようにしました
  • [*] CamCapture の複数のインスタンスが一緒に実行されている場合に間違った「カメラが検出されませんでした」というメッセージが表示されるという、CamCapture 機能の視覚的なバグを修正しました。
  • [*] その他のマイナーな改善と修正。

V 1.5.1.1 – 26 年 2016 月 XNUMX 日

  • [*] トレイ通知で情報が正しく表示されないバグを修正しました。Unicode 変換により、v1.5.1 でバグが導入されました。

V 1.5.1 – 25 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] システム稼働時間ビューが追加されました。
  • [*] Unicode: Window Manager とコンピュータ/ユーザー名が Unicode になりました
  • [*] 多くの接続がアクティブな場合のリストビューのちらつきを修正
  • [+] WebCam キャプチャ: [ローカルの写真フォルダを開く] ボタンを追加して、写真フォルダにすばやくアクセスできるようにしました。
  • [*] WebCam Capture: ファイルが保存されたことを通知する msgbox がなくなりました (ステータスバーで通知されるようになり、より快適になりました)
  • [!] Unicode の改善により、以前のバージョンのリモート ホストとは互換性がありません。 古いバージョンの Remcos を使用して、リモート ホストを v1.5.1 に更新します。

V 1.5 – 22 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] 楽しい機能を追加
  • [+] 合計 26 種類のスキンから XNUMX つを選択して、アプリケーションの外観をカスタマイズできるようになりました。
  • [*] Unicode 言語 (中国語など) の Unicode 互換性が向上しました。これには、ファイル マネージャー、ファイル検索、プロセス マネージャー、およびアクティブ ウィンドウ タイトルの変更が含まれます。
  • [*] その他のマイナーな変更と修正
  • [!] 以前のバージョンのリモート ホストおよび .ini 構成ファイルとは完全には互換性がありません。 v1.5 を開く前に remcos_settings.ini ファイルを削除し、リモート ホストを v1.5 に更新します。

V 1.4 – 14 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] Builder に Cookie のクリア機能を追加
  • [*] ScreenCapture: マウス/キーボードの入力値が記憶されるようになりました (デフォルトでは常に有効ではなくなりました)
  • [*] バグの修正

V 1.3 – 1 年 2016 月 XNUMX 日

  • [+] メイン インターフェイスにアイドル時間ビューを追加しました。
  • [*] メイン インターフェイスの列をドラッグして、カスタム オーダーで配置できるようになりました。
  • [*] キーロガーの小さな修正。
  • [!] v1.3 は古いエージェントと互換性がありません。

V 1.2 – 30年2016月XNUMX日

  • [+] 選択的キーロガー機能が追加されました!
    選択的キーロガーは、選択したウィンドウ内で入力した場合にのみキーストロークを記録します。
    ビルダーから、Log Everything モードまたは Selective Keylogging モードで Offline Keylogger を有効にできるようになりました。
  • [*] 既存のキーロガー機能の改善
  • [*] いくつかの GUI の改善
  • [*] マイナーなバグ修正

V 1.1.1.1 – 27年2016月XNUMX日

  • [*] 複数のリモート ホストが接続されている場合に発生することがある C&C のアクセス違反エラーを修正し、ネットワークの停止やその他のハード切断により突然切断されました。

V 1.1.1 – 26年2016月XNUMX日

  • [*] Remcos プログラム アップデーターを修正しました。新しい更新プログラムは表示されますが、正しくダウンロードされませんでした。
  • [*] プログラム終了時に発生していたアクセス違反エラーを修正しました。

V 1.1 – 24年2016月XNUMX日

  • [+] パスワード回復機能が追加されました。
  • [+] パスワード回復自動タスクが追加されました。
  • [*] Builder セクションの編集可能な TreeView を修正しました。

V 1.0 – 21年2016月XNUMX日

  • Remcos の最初の公開リリース。
メニュー